iPhone11イエロー 開封の儀

iPhone11イエロー開封の儀 iPhone11
iPhone11イエロー開封の儀
iPhone11イエロー開封の儀

iPhone11イエロー開封の儀

iPhone11イエローをいよいよ開封してみました。
iPhoneを使っている方には、よく見た感じの中身だと思います。
本体・SIMピン・ライトニングケーブル&充電器・イヤホン・こんにちはマニュアル・リンゴシールとなっております。
リンゴシールって今回からなんでしょうか、今までのiPhoneには入っていなかったような。
注意点としては、イヤホンジャックがありませんので、イヤホンの接続はライトニングコネクタになります。
これ、従来のイヤホンジャックに比べると強度が低く、壊れやすいです・・・。
出来ればこのイヤホンを使うのではなく、Bluetoothで無線接続のイヤホンを使われるのをオススメします。
自分はiPhone勝手修理屋の中の人ですので、よく修理しているパーツでございますw

iPhone11イエロー裏面

iPhone11イエロー裏面


本体のレビューをしていきます。
iPhone5c以来のイエローになりますが、発色が良く、質感もいいですね。
iPhone5cのようなおもちゃ感はありません。
カメラ周りも出っ張りは思っているよりも薄い印象です。
正直かっこよくはありませんが、まだ我慢できるレベルかなぁって思います。
サイドのボタン関係はいつも通りのiPhoneですね。
可もなく不可もなくって感じ。

iPhone11イエロー表面

iPhone11イエロー表面


画面サイズは6.1インチですが、ベゼルレスのデザインですのでスッキリはしている印象。
しかし、やっぱり許せないのは上部のM字部分。
この部分は本当に何とかならなかったのか。
個人的には上部のベゼルを太くしてもいいから、ここは直線にして欲しかった。
ジョブズさんもこのデザインを見て草葉の陰で泣いていると思います。

以上がファーストインプレッションになります。
今後は他の2機種の印象を書いていきたいと思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。