iPhoneのデータを一番簡単にバックアップする方法

iPhoneをiCloudでバックアップ iPhoneを便利に使う

iPhoneのデータをバックアップをしたいけど、方法がわからない。
iPhoneのご修理をされるお客様に良くお問合せ頂きます。

iPhoneのデータをバックアップする方法は、大きく分けて2つになります。
iCloudを使う方法と、PCにiTunes経由でバックアップする方法です。

一番安心なのは2つを併用する形なのですが、最近はPCを持っていない方も多くおられます。
ここでは一番簡単なiCloudを利用したバックアップをご紹介したいと思います。

iPhoneの設定→一番上の名前→iCloud→iCloudバックアップ→iCloudバックアップの右側のボタンをタップして緑にする
これで「iPhoneがロック状態」「Wi-Fi接続時」「iPhoneが充電中」の条件が揃えば自動的にバックアップされています。
寝ている間に充電されている方は、睡眠中にバックアップされることになると思います。

iPhoneをiCloudでバックアップ
iCloudにバックアップされるデータはiPhoneの設定→一番上の名前→iCloudの項目で設定出来ます。
よくわからない場合は、全部タップして緑にしてしまうと良いでしょう。

とっても便利なiCloudですがバックアップ出来る容量が限られています。
無料でバックアップ出来るのが5GBとなっていますので、写真や動画を大量にiPhoneに保管されている方は、足らなくなる方も多いと思います。
その場合は容量の増加を検討することになるのですが、「50GBで月額130円」「200GBで月額400円」「2TBで月額1300円」となっています。
ご自身の使用容量を把握し、適切なプランで契約しましょう。
そうそう、家族でストレージの容量を共有できますので、家族でiPhoneをお使いの方はお得に便利に使っていけると思います。

お金がかかるのが勿体ないと思うかもしれませんが、iPhoneが起動しなくなり、データの取り出しが出来なくなってしまうよりはいいと思います。
あまり何も考えずに、便利に安全にiPhoneを使いたいという方は、iCloudの容量アップをご検討下さい。
もちろん5GBで収まる方は容量UPの必要性もありませんよ。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。