現役iPhone修理屋が語る 画面修理の本音

スマホの画面が割れた iPhoneコラム

iPhoneを落下させて画面にヒビが入ってしまった・・・。
早速修理をしようとした際、どこに依頼しますか。
安全な公式修理か便利な勝手修理屋さんか、お悩みの方も多いと思います。

最近のiPhoneは防滴とか防水の機能があるので、機能のことを考えれば公式修理を強くオススメします。
予備のiPhoneや代替え機があれば、修理中も何とかしのげると思います。
一番のネックは、やはりデータが消えてしまうことでしょうか。
日常的にiCloud等でバックアップしている方は問題ないと思いますが、iPhoneが操作出来ない状態ですとバックアップも出来ません。
そうなると勝手修理屋の出番となるのですが、リスクは結構あるのが実情です。

防滴とか防水の機能が無くなる
画面タッチの反応が悪くなる
画面の色味が変わる
以上のことは普通に起こります。

iPhone修理用のパネルですが、現状の多くはコピーパネルといわれるパネルです。
これの品質があまり良くなく、オリジナルのパネルと比べるとストレスが出てきます。

iPhone6までのパネルは、画面が暗く、色味が青い物が多いです。
iPhone6はiOSのバージョンによっては色味の変更が出来るので、ある程度の対応は出来ますね。
iPhone5sまでの機種は、かなり色味が変わりますので、違和感はあるかもです。

iPhone6sのコピーパネルは個体差がかなり大きい印象です。
全般的にいえるのは、3D Touchの感度が不安定です。
画面タッチのレスポンスが悪い物が多いです。
明るさと色味に関しては、だいぶ改善され、あまり違和感はないレベルです。

iPhone7とiPhone8のコピーパネルは、そこそこ品質が高いです。
3D Touchは相変わらず不安定ですが、タッチの反応速度と明るさ、色味に関してはまずまず。
あまりストレスも感じないと思います。

iPhone X以降の機種は、正直まだまだ品質がダメな印象です。
やっぱり有機ELパネルを高品質で作るのは難しいのでしょうね。
ああ、iPhoneXRとiPhone11は液晶パネルですので、そこそこイケると思います。

個人的には防滴・防水機能がある機種は公式での修理を推奨します。
操作出来ない状態だと、そうもいってられないんですが・・・。
面倒でも、日常的にバックアップは取っておきましょうね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。